FC2ブログ

陽乃鳥十周年記念酒”Love for the Phoenix"

hinotori.jpeg

■ 陽乃鳥十周年記念酒”Love for the Phoenix"
秋田県 新政酒造
720ml 7777円(税別)

新政酒報2018 vol.6 陽乃鳥十周年記念酒”Love for the Phoenix"について

◯陽乃鳥十周年酒につきまして

お世話になっております、新政の佐藤祐輔です。
新政における一番はじめの実験作であった「陽乃鳥」は、本年度にて記念すべき10周年を迎えました。これを祝いまして、特別版を販売させていただきます。

こちらは、私が懇意にしておりますイギリスのテクノアーティストである System7 さまとの共作です。

System7さまは日本びいきで、手塚治虫に感化されて、"Hinotori”という曲を造っております。
これが縁で我々と知り合うことになりました。
本記念酒のタイトル”Love for the Phoenix”も、System7さまの曲から拝借しております。

なお、System7さまは、イギリスのアーティストです。
ロックアーティストとしてもともと著名人であったスティーブ・ヒレッジ氏と、
女性電子音楽家のミケット・ジラウディさんのユニットです。
20年以上のキャリアを誇り、日本酒業界で有名なリッチー・ホウティン氏などとも親交が深いです。


◯セットの内訳

中には、酒のほかに、「System7」さま名義の2枚組のCD「Love for the Phoenix」
が入っております。

1枚目は、いわゆるDJミックスというもので、System7の名曲を、僭越ながらファンである私が選ばせていただきまして、ベスト盤的な色合いの楽曲集となっております。

そのうち、一曲目の”Field of Dreams”が特筆すべきものです。
テーマが秋田ならびに当蔵「新政」となっています。
当蔵の自社田のある「鵜養」の水源の音や、当蔵のもろみの音などが入っております。
また「新年しぼりたて」などご祈祷いただいております太平山三吉神社さま絡みの民謡(三吉節といってまつりのときに歌われるもの)が大きくフューチャーされています。

そして、二枚目は、この”Field of Dreams”のリミックス集です。
オリジナルに加えて、5名のアーティスト(国内トランス・ミュージック界の大御所です)がそれぞれの感性でリミックスしています。
◯酒につきまして

この酒は、酒母のときに、2017年に秋田で開催されたSystem7の実際の演奏を聴かせたり、客に見ていただいたりしたものです。

ライブ後に仕込みとなり、上槽。それから3ヶ月ほどオーク樽に貯蔵いたしました。
トータルで一年以上の熟成をしております。まだまだ固いですが、甘口なので飲み口は良いと思います。

実際、通常の「陽乃鳥」より、甘みを強く、オーク樽のテイストも噛ませて、より長熟に耐えうるようなスタイルを狙っています。

※新政酒造様より引用。
※数量限定の商品ですので、
お1人様、1グループ様で2本までとさせていただきます。
スポンサーサイト
プロフィール

かごや

Author:かごや
「籠屋」に届くお酒の最新情報をどんどんUPします!
季節、数量限定品の入荷はここでチェック!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
籠屋ツイート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード